透明人生

元地下ドルオタクが中国エンタメにハマった

韓流と華流のアイドル産業

創造101はテンセントが正式にM-netから版権を買ったのに対して、偶像練習生は愛奇艺が勝手にプデュをパクったって話があったけど、中国のエンタメ業界、とりわけアイドル産業が韓国の足跡を追っかけてるだけじゃん!みたいな意見は確かによく見かける。

ただ追っかけてるだけなのが事実だとしても、中国で韓国のコンテンツをそっくり再現すると結果的に内容がアップデートされる=進化版みたいになってるような気がしなくもない。それは韓国よりも中国のほうが技量があるだとか制作が上手いとかそういう優劣の問題ではなくて、おそらく単純に中国が広くて人口が多いからということに尽きるだろう。パッケージをオリジナルで生み出せる韓国エンタメ界の独創性もすごいし、後追いのくせにオリジナルを超えてくる中国の人的・文化的資本の幅広さもすごい。もう両方好きだよ…。(雑か)

 

中国くらい広くて人口が多いと、とにかく多様性の厚みがはんぱない。例えば火箭少女101には2人タイ系がいるし、創造101自体には華裔とか少数民族とか混血とかもういろんな子たちが出ていて、容姿も性格も言語もわりとバラバラ。(AKBグループ傘下所属の子たちは日本人ウケしそうな見た目だったけど、これもまた多様性の一部)

パッケージがまったく一緒だからこそ国による違いが明確に表れて面白い。だから版権買おうがどうだろうが知らんけど、別に後追いでもパクリでも、見てる側としては全然オッケーだなって思う。実際、偶像練習生の社会影響力はすごいわけだし。いいパッケージがあればどんどん再利用していくべき。ただ合法に越したことはないけどね…